2020年08月03日

迷ったらこちらを

2008_2.jpg

似たようなサイズのパールのピアス、丸とバロックとで迷われた場合は、バロックのほうを(迷いなく)お勧めしています。

理由はかんたん、そこに在ることが稀だから!

無核の淡水真珠の、バロックシェイプのパール。
彼らは自由に育つため、色も形も無限のバリエーションがあります。

縁もゆかりもない二粒が、きれいで感じ良くペアになるのは、ほとんど奇跡のような確率です。

と、熱心にお勧めしてしまうためにいつもストックが足りないのですが・・・


2008_3.jpg

感じの良い二羽、この日は苔むす場所で森林浴。
心地よさそう。

====================================
 ATENARI<アテナリ> ポップアップショップ
2020年9月2日(水)〜8日(火)
日本橋三越本店 本館1階 アクセサリー イベントスペース
タグ:ピアス
【プロダクト / Productsの最新記事】
posted by atenari | プロダクト / Products

2020年07月31日

青い花

2007_12.jpg

人気の青い花。新作のネックレスとリングです。

昔むかし東洋からやってきた、艶々で真っ白な地に青の濃淡だけで絵付けされた陶器に、ヨーロッパが恋い焦がれたのが何となくわかります。

暮らしを清々しく明るくしてくれる色。
そして全てのベーシックカラーとよく合います。

2007_11.jpg

こちらは同じシリーズのピアス。ぱっと印象が明るくなるひと粒です。
小さなパールにもひとつひとつ惜しみなく、手間がかけられています。

早いもので、明日から葉月。
良い週末をお過ごしください。

====================================
 ATENARI<アテナリ> ポップアップショップ
2020年9月2日(水)〜8日(火)
日本橋三越本店 本館1階 アクセサリー イベントスペース
posted by atenari | プロダクト / Products

2020年07月26日

work in progress 色漆のしごと

2007_6.jpg

きれいなグラデーションになるように、筆の先だけを使って2〜3色をなじませています。

ユニークな形のバロックパールは、まろやかなクリーム色に少し青みをおびているので、青い花を乗せることに。

色漆は、天然漆に顔料や染料を混ぜたもので、混ぜる色料によっていろいろな色を作ることができます。
天然漆で作られた色漆は温度と湿度の条件によって発色がおそろしく変わるので、作業環境にとても気を使う工程です。

デジタルの温湿度計やエアコンを駆使しながら、昔の人はどうしていたのかと思うことも。
こんな日和じゃ仕事にならねえや、とかいって昼酒かな、きっと。


2007_9.jpg

これも色漆を使った漆器のかけら。
3000年ほど前の、オホーツク海沿岸の遺跡のもの。

漆器といっても食器ではなく装身具の櫛です。
(ちなみに現在見つかっている日本最古の漆器も同じく櫛)
特別なときに身につけられたか祀られたものだと想像されています。

顔料の赤がまだ十分鮮やかに残っているのがすごい。
すごいな綺麗だなとその赤に心を動かされるのと同時に、特定の素材を特定の方法で加工しないと出現しない鮮やかな赤を、どうやって入手したのか興味がわきます。


東京は、雨が上がるとすっかり夏の陽気になりました。
今日も良い一日になりますように。

-----------------------------------------
ATENARI<アテナリ>ポップアップショップ
2020年9月2日(水)〜8日(火)
日本橋三越本店 本館1階 アクセサリー イベントスペース
-----------------------------------------
posted by atenari | ニュース / News