ATENARI: 指輪 展

2014年07月19日

指輪 展

2000年の庭園美術館の「指輪」展で知られる、橋本貫志氏のコレクション。
2012年に氏から国立西洋美術館へ寄贈された後、初めての展示会です。 寄贈後から展示会開催まで、とても早かったんですね。

エトルスコとアール・デコはいつも私の憧れ。
そして、古いシンプルなものなのに、ドキドキするくらい新鮮で心惹かれたいくつかのものは、当分私の頭の中を占拠するはず!

指輪は小さくても、注文主の思いが深く関わります。
またたとえ持ち主を変えても、新しい持ち主のまた違った思いが込められるということが、今なお橋本氏が所蔵するひとつの展示品から強く伝わります。

前回の「指輪」展のあった2000年といえば私がジュエリーの仕事を始めた年。
その時の自分の見方と今の自分の見方には明らかに違いがあって、この14年間に自分が学んだ事、学ばせてくれた方々の事が頭をよぎりました。


感謝しつつ、暑い夏を迎えます。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】