ATENARI: トリュフォー映画

2014年10月29日

トリュフォー映画

今月21日で没後30年だった、フランソワ・トリュフォー。
パリにいる人によると、フランスでもメディアでトリュフォーがよく取り上げられていたそう。

計23作品が上映されているトリュフォー映画祭で、詳しい方のオススメのいくつかのうちの、二本を見てきました。

ひとつめが「Jules et Jill」、邦題は「突然炎のごとく」。
観てからしばらく経つのですが、不思議なことに仁侠映画に近いイメージが残っています。


ふたつめが「La Femme d’a cote」、邦題は「隣の女」。
正直、若い頃のファニー・アルダンが見たくて選びました。(もれなく若いドパルデューもついてきました)

これもまた、途中から主人公のタガが外れてしまって、けりをつけるために死を選ぶパターン。
私の知っている範囲ではフランス映画ってけりをつけないイメージがあったので、時代のせいかなあと思ったり。

しかしファニー・アルダンが素敵で、大満足。コスチュームが良くて設計も上手、感心しました。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】