ATENARI: 冬山

2015年11月04日

冬山

151031.jpg

標高2500mに近い滞在先の早朝、気温は零下です。
日の出前の空は明るんでいますが、湖は重い鉛色でまだ眠りから覚めていないよう。


写真に残らないのは、その静かさ、自分の存在の小ささ!
無音がゼロだとしたら、マイナス3くらい。 新雪が音を吸収するそうです。


この旅のお供はアレックス・カーの「美しき日本の残像」でした。
醜い電線は脳内で自動消去しながら、日本の美しい風景をたくさん楽しみました。


【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】