ATENARI: 自由が丘でカンタ

2017年04月09日

自由が丘でカンタ

170408.jpg

岩立フォークテキスタイルミュージアムの展示が変わったので、早速出かけました。
今回の「白の刺子 カンタ −ベンガルでの出会い」展では、2014年に日本民藝館で展示されたカンタを中心に見ることができます。

希望者には丁寧に解説頂けるので、一度民藝館で見られた方にもお勧め。
コレクター本人のお話を伺えるのは貴重な機会ですから、ものを見ながらあれこれ尋ねたくなる我々は、かなり楽しみました。

西方の富裕層を虜にした極薄のモスリンを幾重にも重ね、刺繍で隅々まで丁寧に埋め尽くしたカンタ。
吉祥文様や人や建物、動物など、針を持つ人の楽しそうな顔が見えてくるような、歌うような大らかさが魅力です。


ところでこの日は、展示と関係のない出会いがありました。
学芸員の方が見せてくださった、オランダの博物館の展示会図録。
インドネシアの素晴らしいテキスタイルとジュエリーに、ため息がとまらず。

またオランダ・・・? どうしましょう。


岩立フォークテキスタイルミュージアム
「白の刺子 カンタ −ベンガルでの出会い」展 は7月15日までです。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】