ATENARI: 阪神間の風景

2009年08月30日

阪神間の風景

久しぶりに、梅田・三宮以外の阪神間の風景を楽しみました。

ヨドコウ迎賓館は、阪急芦屋川駅から頑張って坂道をのぼり、見上げると見えてきます。
大正時代にフランク・ロイド・ライトによる設計、灘の酒造家の別荘として計画された建物は、後に多くの人の手に渡りながら今に至り、公開展示されています。

外側は帝国ホテルと同じという宇都宮の石材、一歩中に入るとミシミシいう木の床、小さな明かり窓など、とてもよい感じ。
しかし何より気に入ったのは窓からの眺め。

yodoko.jpg

写真は館からの眺めです。阪神間はどこをとっても六甲山からのなだらかな傾斜がありますが、ここは周りから少し隔絶されたような地形になっていて、また特別です。

shukugawa.jpg

こちらは帰りに梅田方面へ向かう途中の夙川駅で。
夙川は桜が有名ですが、私は松も好き。空と、川をつなぐ松。海へ向かって途切れなく続きます。

いい場所です。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】