ATENARI: イタリア展 ありがとうございました

2009年11月23日

イタリア展 ありがとうございました

21日と22日は銀座もとじさんのイタリア展に在廊しました。
いつもながらお客さまと直接お話できる機会は、私にとってとても貴重です。

091122-3.jpg
 
今回は蒔絵のジュエリーや、かんざしのご縁を頂き、オーダー品の宿題も。わくわくしながら早速アイデアを練り始めました。

091122.jpg
 
こちらはスタッフの方がコーディネートしてくださったディスプレイ。帯留めはイタリアにちなみ、レティチェッラというレース編みの原型のような模様を銀蒔絵で。上品な帯にとても映えます。

シルバーグレイと藤色は、髪と瞳の黒い東洋人にとても似合う組み合わせ。これはアイススケートのコスチュームを見て私が学んだことです。
そして、着物で重要なのは、帯揚げに芥子色を差すこの感覚。disegnatoriceではなくstylistaを目指す私としては、このあたりの感覚に敏感でなければなりません。

091122-2.jpg
 
いつも伺うたび、感心しながら眺めている生花のアレンジ、季節を少し先取りして。赤い実は、それ自体赤でありながら、雪の白をどこかイメージさせる風情です。
posted by atenari | ニュース / News