ATENARI: ブランクーシの狐

2010年07月19日

ブランクーシの狐

今日、買い物に出る途中に発見。
普通の住宅地の中の、ブロック塀で小さく区切られたスペース。

100719--.jpg

鳥居に「笠森稲荷」の看板(って言わないか)。
中には狐が2体。

100719-.jpg

ブランクーシがお稲荷さんの彫刻を作ったらこんな感じじゃないかと思う。

100719.jpg

違う方向から。ブロック塀の隙間越しに。

帰宅して「笠森稲荷」のことを調べたら、元々は関西の豪族「笠」氏を祀っていたものが、江戸時代後期には”瘡”蓋(かさぶた)を”守”る、という音の類似から、皮膚病の神として祀られたとか。

なんだか面白いくらい、いい加減で、笑ってしまいました。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】