ATENARI: BALLET 2000 & TREASURY OF THE WORLD

2012年01月21日

BALLET 2000 & TREASURY OF THE WORLD

ヨーロッパから届きものの多い、このごろ。
届きものといっても、もちろんオーダーしたものが届いただけなのですが(笑)。


英・仏・伊の3カ国語の記事と美しい写真がうれしい、『BALLET 2000』が届きました。

120105.jpg


バレエとダンスの情報誌です。
表紙は、ラ・ラ・ラ・ヒューマンステップスの振付家、エドゥアール・ロックの新作「NEW WORK」を踊るディアナ・ヴィシニョーワ。

記事の中でヴィシニョーワは、このプロジェクトの後はクラシックバレエがスローモーションみたいに感じられたと言っています。
超高速の動きが特徴的な、エドゥアール・ロックの振付。
「アメリア」も「ソルト」も大好きななので、ヴィシニョーワの踊る新作も、機会があれば観てみたいです。


120110.jpg

こちらは、最近の関心事、ムガール帝国時代の工芸品の本『TREASURY OF THE WORLD』より。
美しい写真の数々・・・ページをめくるたびにため息。

アジアの文化の豊かさ深さ、今年はようく研究していきたいと思っています。
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】