ATENARI: ことばの力

2012年04月15日

ことばの力

ふと立ち止まってことばについて考える、そんな催しに参加してきました。
今回で4回目になる会、参加するたびに新しい発見や興味の広がりがあります。

今回は、作家の熊谷明子さんが、「ハーブ」をキーにひもとくシェイクスピアやモンゴメリの作品の魅力、
人間の紡いだ言葉が伝える智恵などをテーマにお話くださいました。

思えば自然環境を詩情をもって見つめるということを、小さな子供の頃教えてくれたのは確かにモンゴメリやバーネットだったように思います。

そして、日々の生活の楽しみと人生の大きな志、両方を持っていたほうが豊かに生きられるという先生の言葉に共感しました。

というわけで(どういう訳?)今日はエスプレッソマシンの修理に勤しみました。とはいっても私は金属部品を磨いただけですけど。
流行のポッド式は最終手段、次の10年も頼むよPAVONI号!
【あてなりな日々 / Serendipityの最新記事】